株式会社 日本シャルフ ホーム > 社労法務アカデミー > マイナンバー社労士実務対応講座 IN 兵庫

社労法務アカデミー

マイナンバー社労士実務対応講座 IN 兵庫

マイナンバー実務講座 IN 兵庫 

講師 株式会社ボウマン&SRパートナーズ

   吉田明世

導入編 上級編

日 時  2015年8月27日(木) 

     13:00~17:00

日 時  2015年8月28日(金) 

     10:00~17:00

定 員  30名 定 員  30名

研修費用       40,000円(税込)

シャルフユーザー様価格 32,000円(税込)

★20%OFF

研修費用      100,000円(税込)

シャルフユーザー様価格 80,000円(税込)

★20%OFF

【導入編】と【上級編】を同時お申し込みの方は、さらに2万円引きです。
兵庫0827.png 兵庫0828.png
場 所  西宮商工会館 本館4階C会議室 兵庫県西宮市櫨塚町(はぜづかちょう)2-20 
 

 

導入編
研修の目的
マイナンバー法対応の為、社会保険労務士事務所についても大きな影響があります。
マイナンバーの概要から今後の社会保険労務士業務についての影響を含めて実務的に社会保険労務士事務所がマイナンバー導入まで必要な対応をチェックリストを使用し、詳しく解説させて頂きます。また、様式等のサンプルをCDデータで提供致します。
研修のゴール
事業規模の小さい社会保険労務士事務所が事務所内でのマイナンバー管理体制を整える。

 

     時間

           テーマ・内容


詳細

 

13:00

14:00

 

マイナンバー制度の概要と社労士業務への影響

1.社会保障・税番号制度の概要

2.社会保障・税番号制度の導入経緯

3.マイナンバーが必要な局面

4.罰則規定

5.スケジュールと業務フロー
 民間事業者の導入スケジュール作成実務
 業務フロー作成実務

6.社労士業務への影響

 

14:00

17:00

 

具体的な内容

1.番号法・ガイドライン等対応チェックリストを使用し、管理体制構築に必要な様式(サンプル)を利用し、場面ごとに詳細を説明。
 様式(サンプル)一式(約20種類)

2.番号法・ガイドライン等対応チェックリストを使用し、ガイドライン(安全管理措置)の管理体制構築に必要な管理方法についての詳細な解説。(実例で解説)
物理的安全管理措置
施設・オフィスの管理
 入退室・来館エリアの管理等
機器・電子媒体等の管理
 パソコン・FAX・プリンター等の管理等
 電子媒体等を持ち出す際の漏えい等の防止

3.技術的安全管理措置
アクセス制御
アクセス者の識別と認証
情報漏えい等の防止
措置の物理的保護

 

講座で配布する様式が

ご覧頂けます

白紙2.png

 

上級編
研修の目的
マイナンバー法の特定個人情報ガイドライン等では、社会保険労務士事務所についても大企業と同水準の「安全管理措置」が求められます。また、自宅開業者でも特定個人情報を取り扱う「取扱区域」と情報システムを管理します。「管理区域」を明確に区分する等の対応が必要になります。マイナンバー制度の概要から今後の社会保険労務士業務についての影響を含めて実務的に必要な対応を詳しく解説します。また、規定等のサンプルはCDデータでご提供致します。
研修のゴール
事業規模の小さい社会保険労務士事務所が事務所でのマイナンバー管理体制を整える為、また、従業員100名以下の中小企業顧問先へマイナンバー制度に対応するための指導を行う準備体制を整える。
 

 

 

 時間  

 

   テーマ・内容  

 

詳細

 

10:00

11:00

 

マイナンバー制度の概要と社労士業務への影響

1.社会保障・税番号制度の概要

2.社会保障・税番号制度の導入経緯

3.マイナンバーが必要な局面

4.罰則規定

5.法人番号

6.導入スケジュール

7.社労士業務への影響

 

11:00

12:00

 

スケジュールと

業務フロー

1.民間事業者の導入スケジュール作成実務
 例題表示のうえ、スケジュール表を作成

2.業務フロー作成実務
 例題表示のうえ、スケジュール表を作成

 

12:00~13:00

 

休憩

 

 

13:00

14:30

 

具体的な実務 その1

番号法・ガイドライン等対応チェックリストを使用し、管理体制構築に必要な規定・様式(サンプル)を利用し、場面ごとに詳細に解説。

1.マイナンバー管理規定(約40ページ)CD

2.様式一式(約40種類)CD

 

14:30

17:00

 

具体的な実務 その2

番号法・ガイドライン等対応チェックリスト(24ページ)を使用し、ガイドライン(安全管理措置)の管理体制構築に必要な管理方法についての説明。(実例で解説)

1.物理的安全管理措置
施設・オフィスの管理
 入退室、来館エリアの管理等

機器・電子媒体等の管理
 パソコン・FAX・プリンター等の管理等
 電子媒体等を持ち出す際の漏えい防止
 パスワードによる保護の仕方
 搬送手段
 管理体制による管理方法
 マイナンバーの削除・廃棄方法の仕方
 廃棄管理台帳による管理方法と廃棄のタイミング

2.技術的安全管理措置
情報セキュリティ管理
 アクセス制御
  特定個人情報ファイルの限定方法
  アクセス制御のかけ方
  サーバー措置のアクセス制御のかけ方
 アクセス者の識別と認証
  パスワードの桁数・内容についてのセキュリティ強化
  ユーザーID・パスワードの定期変更のタイミング
 情報漏えい等の防止
  クラウドの活用
  不正アクセスの遮断方法
  ウィルス感染時の措置
  許可されたブラウザ・メーラーの使用の徹底
  フリーソフトウェア等の使用制限
  ファイアーウォールの導入・管理
  ウィルス対策
 措置の物理的保護
  施錠付セキュリティラック等

 

 

講座で配布する様式が

ご覧頂けます

白紙2.png

 

2015.06.30

社労法務アカデミートップへ

  • 製品について問い合わせる
    各種製品・サービスについてご不明な点などございましたら、フォームよりお問い合わせください。
    製品・サービスのお問い合わせ
  • 製品を試してみる
    各種製品の体験版が無料でダウンロードできます。ご購入を検討されているお客様は、まず体験版にてお試しください。
    無料体験版ダウンロード

ページトップに戻る