• 令和3年度の法改正による電子帳簿等保存制度5つの見直し要件 続きはこちら
  • 【年末調整:令和3年改正版】2021年度からの税制改正の変更点&注意点続きはこちら
  • 【社労士に聞く】確定拠出年金制度を導入すると随時改定の対象になるの?続きはこちら
  • 労働条件通知書はパートにも必要?正社員との格差を改善する政策続きはこちら
  • 70歳までの雇用に関する、人事制度の在り方。シニア世代の有効活用とは続きはこちら
  • 労働条件通知書の書き方と雇用契約書との違いについて解説続きはこちら
  • 休業補償の計算方法と勘違いが多い休業の定義とは続きはこちら
  • 休業補償とは?保険の必要性と適用されるケースをわかりやすく解説続きはこちら
  • 【社労士に聞く】社会保険料の徴収月はどのように判断する?続きはこちら
  • テレワーク下での人事評価はどうすればいい? 大事なポイントをお伝えします。続きはこちら
  • 【社労士に聞く】社会保険の扶養追加の条件とは?続きはこちら
  • あなたの会社には「目標達成の行動習慣」はありますか?続きはこちら

マイナポータルで、あなたの暮らしをもっと自由に!マイナポータルとは?

マイナポータルで、あなたの暮らしをもっと自由に!マイナポータルとは?

 皆さんは、マイナポータルという言葉を耳にしたことはありますか?

マイナポータルは、政府が中心となって運営しているネット上のサービスのことを指します。行政機関からのお知らせなどを確認することができるとても便利なサービスです。

今回は、毎日の暮らしに役立つマイナポータルについて詳しくご紹介します。みなさんもこれを読んでマイナポータルを知り、ぜひ暮らしに取り入れてください。

 

1.マイナポータルとは?

2.マイナポータルを利用するために必要なもの

3.マイナポータルでできることとは?

4.子育てワンストップサービス(ぴったりサービス)とは?

5.まとめ

 

 

1.マイナポータルとは?

マイナポータルとは、政府が運営しているオンライン上のサービスです。子育てに関わる行政の手続きが簡単にできたり、行政機関からのお知らせをすぐに確認することが可能です。
ほかにも、マイナポータルには様々なサービスがあります。

2.マイナポータルを利用するために必要なもの
21548fe571fb847640faf593776f4310_s


では、マイナポータルを利用するにはどのような準備をしなければならないのでしょうか。マイナポータルを利用するには、いくつかの手順が必要なのでしっかり覚えておきましょう。

【マイナンバーカード】

マイナポータルを使用するには、利用者証明用電子証明が搭載されたマイナンバーカードが必要となります。

マイナンバーカードは、郵便やパソコン、スマホ、町の証明用写真機から無料で発行することができます。マイナンバーカードがあるといろいろな場面で役に立つので、ぜひこの機会に発行しておくことをおすすめします。

 

【ログイン用のアプリやデバイス端末】

マイナポータルを使うには、使用するパソコン端末へのログイン用のアプリや、インストールやカードの読み取り機能を備えたデバイスの準備が必要となります。

一部のNFC対応のandroidのスマホでは、無料でGoogleプレイから専用のアプリをダウンロードできるので、NFC対応のandroidスマホを持っている方は確認してみてください。

また、現在はテレビやタブレット、公共機関、コンビニ端末などからでも利用できるように、政府が整備を進めています。

 

3.マイナポータルでできることとは?

それでは、マイナポータルでできることを詳しく見ていきましょう。
マイナポータルをうまく活用すると、生活がもっと便利で、豊かになるかもしれません。

【公金決済サービス】
マイナポータルのお知らせを使い、ネットバンキングやクレジットカードで公金決済ができます。

【民間送達サービスとの連携】
民間企業や行政機関などからのお知らせを、民間の送達サービスを活用し、受け取ることが可能です。

【自己情報表示】
行政機関などが持っている自分の個人情報を検索し、確認することが可能です。

【サービス検索や電子申請機能】
子育てに関わるサービスの検索やオンライン申請などができます。

【お知らせの受信】
行政機関などから配信されるお知らせを受け取ることができます。

【よくある質問や問い合わせ登録の確認】
操作方法などのわからないことを確認したり、問い合わせをすることができます。

【情報提供等記録表示】
自分の大切な個人情報を、行政機関同士がやり取りした履歴をチェックすることができます。

【代理人の利用】
代理人が本人に代わり、マイナポータルを利用することもできます。

【マイナンバーカードのパスワードの変更】
マイナンバーカードのパスワードを変更することが可能です。変更できるパスワードは以下の3種類です。

署名用電子証明書:イータックスやマイナポータルなどの電子申請に利用する)
利用者証明用電子証明書:マイナポータルの交付やコンビニ交付のログイン時に利用する)
券面事項入力補助用:券面事項をテキストデータとして使う際に利用する)

 

 

4.子育てワンストップサービス(ぴったりサービス)とは?

マイナポータルでは、「子育てワンストップサービス」というサービスがあり、自分に合った行政サービスを検索することができます。このサービスがどのようなサービスなのかを詳しく見ていきましょう。

【利用するにあたって】
子育てワンストップサービスは、マイナンバーカードでログインすることなく、それぞれの状況に合ったサービスを簡単に探すことができます。
また、子育てワンストップサービスはマイナポータルからでもアクセスすることが可能です。

【電子申請】
子育てワンストップサービスの利用者は、申請行の入力をしたり、ファイルの添付を行ったりして申請を行うことが可能です。また、必要に応じてマイナンバーカードを使用し、電子署名をすることもできるのです。

【子育てサービスの検索】
子育てワンストップサービスでは、手続きのカテゴリーやキーワード、調べたい地域などで自分に合ったサービスを簡単に探すことができます。

カテゴリーには、妊娠や出産、子育てや教育、結婚、離婚、引っ越しや住まいのこと、防災や被災者支援、地域振興、救急や消防、ご不幸、高齢者や介護、障碍者支援、ごみ、環境保全、健康や医療…などたくさんのものがあります。きっと、あなたの探したい手続きが手軽に見つかるでしょう。

【就労書の作成】
子育てワンストップサービスでは、就労証明書の様式を簡単に入手することができます。また、就労証明書を面倒な手書きではなく、キーボード入力で手軽に作成できるのです。

さらに、わざわざ役所に行かなくても、簡単に電子申請できる点が魅力です。

【子育てワンストップサービスではこんなことも便利に】
子育てワンストップサービスは、マイナンバーカードを利用して署名付きの電子申請が簡単にできます。また、プッシュ型のお知らせがスマホなどの電子機器で受け取ることが可能です。

5.まとめ

いかがでしたか?

マイナンバーカードを活用したマイナポータルを詳しく知ることができましたか?
マイナポータルは、平成29年の 1 1月から本格的に運用が開始されています。

自分にはあまり関係ない…と思っていても、実際に使ってみると手軽で便利なことがわかるでしょう。また、今後はマイナポータルのサービスが民間サービスやイータックスと連携する予定です。

国民にとって非常に大切で必要なマイナポータル。ぜひ、うまく活用して暮らしに役立ててください。

記事検索