• あなたの会社には「目標達成の行動習慣」はありますか?続きはこちら
  • 1on1ミーティングとは?人事評価制度の運用のカギ続きはこちら
  • 基礎知識|雇用保険の加入条件、パートも可能?失業手当以外も網羅続きはこちら
  • 人が育つ人事評価制度とは。人事評価制度を構成する3つの要素続きはこちら
  • 【同一労働同一賃金施行後の実態】課題は社内体制の整備!?理想のサービスを利用して迅速な対応を!続きはこちら
  • コンピテンシーとは? 成果を出す人の行動特性を活かそう続きはこちら
  • 【労務管理システムの導入で早くも差が!?】DXを推進する中小企業経営者に調査!システム導入のメリットとリスクとは?続きはこちら
  • 人が育つ人事評価制度は、評価の考え方に特徴がある続きはこちら
  • 評価の食い違いが人事評価制度を失敗させる続きはこちら
  • 2021年4月からの押さえておきたい法改正や制度変更についてご説明します続きはこちら
  • 多くの中小企業で人事評価制度が失敗に終わる3つの原因と成功へのヒント続きはこちら
  • 人事評価制度とは?必要な理由と構築のポイント続きはこちら

知らないと損!?今すぐ登録したい“マイナポイント”の手続きを解説!

知らないと損!?今すぐ登録したい“マイナポイント”の手続きを解説!

 昨年行われた消費増税の救済措置として期間限定で実施されている「キャッシュレス・消費者還元事業」も6月いっぱいで終了になります。それ以降ポイント還元が無くなることで生活への負担が大きくなるのではないかと心配している方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、2020年9月からキャッシュレス決済を対象として開始される「マイナポイント事業」について、その登録方法や利用方法、利用時期や事業開始時期などを詳しくご紹介します。マイナンバーカードを所有することでどのような恩恵を受けることができるのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

 

1. マイナポイントとは

2. マイナポイントを利用する方法とは

3. まとめ

 

 

1. マイナポイントとは


「マイナポイント」とは、マイナンバーカードを利用したポイント制度のことです。キャッシュレスでチャージまたはお買い物をすることでマイナポイント25%(上限5,000円分)をもらうことができるという、驚異の還元率を誇るお得な制度として注目を集めています。マイナンバーカードの普及だけでなく消費の活性化やキャッシュレスの基盤を確立することを目的として導入される事業です。

2016年1月に、行政・税金などの事務の効率化などを目的として導入されたマイナンバー制度ですが、他の本人確認書類で代用できるため、無理にマイナンバーカードを発行する必要が無いこともあり、普及率が伸び悩んでいました。しかし、今回のマイナポイントを利用するためにはマイナンバーカードを発行していることが絶対条件となっており、マイナンバーカードの普及促進に大きな役割を果たすと考えられています。

 

2. マイナポイントを利用する方法とは


マイナンバーカードの交付を受けるには一定時間が必要になるため、申し込みが殺到する前に申請方法を確認しておきましょう。マイナポイントを受け取るまでの流れをご説明します。

① マイナンバーカードを発行する
まず初めに、マイナンバーカードを取得する手続きを行います。マイナンバーの通知カードと一緒に送られてきた交付申請書さえあれば、スマートフォンやパソコン、郵便や証明写真機で申請することができます。また、交付申請書は市区町村の窓口で再発行してもらうか、ダウンロードすることも可能です。

交付申請から1か月ほどで市区町村から交付通知書が届き、記載された交付場所にて受け取ることができます。

マイナンバーカードはマイナポイントの利用で必要になりますが、本人確認書類、身分証明書として利用できることはもちろん、自治体での手続きや、e-Tax等の電子申請などのさまざまなサービスに利用することができるので、この機会に発行しておくと大変便利です。

② マイナポイントを予約する(マイキーIDの設定)
スマートフォンやパソコンから、もしくは自治体に設置された専用コーナーにて、マイナンバーカードとマイナンバーカードの受け取り時に設定した4桁の利用者証明用電子証明書暗証番号を使い、「マイキーID」の設定を行います。予約が完了したら、2020年7月から2021年3月末まで、マイナポイントの付与を希望する決済サービスを選択することができるようになります。
マイナポイントの申込ができるキャッシュレス決済サービスは現段階では※募集中となっているので、今後の情報に注意しましょう。

※2020年3月16日現時点の情報です。キャッシュレス決済事業者の登録申請は、2020年3月末まで受け付ける予定となっています。


③ マイナポイントの取得・利用
2020年9月から2021年3月末の間、選択したキャッシュレス決済サービスでチャージや購入をすることにより、ポイントが付与されます。(お買い物時はマイナンバーカードを使用する必要はありません。)付与されたマイナポイントは選択した決済サービスが使えるお店で、利用することができます。

3. まとめ


いかがでしたか?
マイナポイントについて、マイナンバーカードの必要性についてしっかりと理解できましたか?

今まではマイナンバーカードを発行していなくても困ることは無かったかもしれませんが、今後マイナポイント事業が開始することによって、マイナンバーカードを持っていないと大きな損をしてしまう可能性があります。制度の詳細については今後も変更になる可能性があるため、少しでもお得に、より便利にマイナンバーカードを活用するために最新の情報を適宜確認しましょう。また、ポイントの申込時期が近づくと交付申請が混み合い、受け取りまでにさらに時間が掛かる可能性があるため早めの申請を心がけましょう。

便利なキャッシュレス決済の導入を検討している方、よりお得に賢くキャッシュレス決済を利用したい方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

記事検索

労務管理クラウドシステムHR-Zero

無料体験版もあります!
実際に見たいという方は是非どうぞ!