新型コロナウイルスに対する感染対策方針

新型コロナウイルスに対する感染対策方針




株式会社日本シャルフ(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:高田弘明)は、新型コロナウイルスに対する社内外への感染被害抑止と日本国内の各拠点(東京・浜松・兵庫)に勤務する従業員の安全確保を最優先に、2020年2月26日より随時以下の対応を実施いたします。




【対応方針の概要】

■全社時差出勤の推奨および在宅勤務の一部導入

東京/浜松拠点

・原則在宅勤務とする ※上長判断で時差出勤も可能


兵庫拠点

・徒歩および自転車による出勤とする ※上長判断で時差出勤または在宅勤務も可能


出社する際の注意点

・発熱または咳など風邪の初期症状がある場合や体調に不安のある場合は出社しない

・時差出勤は、7:00~10:00/17:30~20:00の時間帯の公共交通機関の利用を避けての出退勤とする



■社内外における会議の原則オンライン化

採用面接を含む、社外の方との会議および社内の会議について、原則オンラインで実施とします。



■出張の原則禁止

国内外問わず、従業員による出張を原則禁止とします。



■当社主催イベントの原則オンライン開催

参加人数に関わらず、当社主催のイベントはオンライン開催を原則とし、オンライン開催で目的を達成できない場合は中止もしくは延期とします。



■他社主催イベントへの参加を原則禁止

業務上参加する他団体主催のイベントについても、原則参加を禁止とします。




■サポート等お問い合わせにつきまして

弊社では、従業員の安全の確保と感染拡大の防止のため上記の安全対策を実施します。

つきましては、弊社へのお問い合わせにつきましては、通常通り電話による受けを行いますが、在宅勤務者も多数おりますので、電話が繋がりにくい状況となります。

従いまして、緊急時を除き極力メールでのご連絡をお願いいたします。



期間につきましては、以下を予定しております。

・開始日:2020/2/28(金)

・終了日:2020/3/13(金)

状況により期間や実施内容を変更する可能性もございます。



以上、お手数をおかけしますが、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。



弊社では、今後も従業員含むすべてのステークホルダーの感染リスクを排除し、安全確保を最優先するとともに、安定したサービスを継続してご提供するべく、対応を検討・実施してまいります。



関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

お客様の声 VOICE

  • {{data[title]

    手続き処理にかかる手間が省けました。

    【Esia-Zero】事務の効率化のため、導入を決めました。入力ミスもなくせて順調に業務も進んでいます。

  • {{data[title]

    ITリテラシーの高い顧問先のニーズに応え、かつ業務効率化を図ることができました。

    【Esia-Zero】顧問先のニーズに応え、業務効率化を図ることができ、作業工数の削減が出来ました。

  • {{data[title]

    クライアントの人事担当者や社員の方が直接アクセスし情報を入力できるので助かっています。

    【Esia-Zero】導入し電子申請が楽になっただけでなく、Esia-Zeroを使うことによって社労法務システムへの入力時間が圧倒的に短縮されました。

  • {{data[title]

    拠点や大人数にも対応していて、誰が使っても使いやすいシステムです。

    【社労法務システム】職員の意見もあり、ビジュアルの良さ、メニューや機能の豊富さが決めてで決定しました。

  • {{data[title]

    機能面とコスト面の魅力だけでなく、サポート面の充実や要望に応えようとする点を評価しています。

    【社労法務システム】機能面とコスト面の両面で大変魅力的であること、サポート面が充実していること、親切で丁寧な対応が、システム導入の決め手でした。

  • {{data[title]

    時間的に50%カットくらい業務が効率化しますね。

    【社労法務システム】システムを色々と比較した結果、日本シャルフのシステムが使いやすいと感じます。単純に紙と比較すると、時間的に50%カットくらい業務が効率化しますね。システムを改善することを真剣に考えており実直に努力していることが感じられますね。

  • {{data[title]

    日本シャルフのシステムが利用できる項目が最も多かったため、即決断で購入しました。

    【社労法務システム】日本シャルフのシステムが利用できる項目が最も多かったため、即決断で購入しました。先代の社長が社労士だったからこそ、使い勝手が考慮されたシステムが構築されています。