アップデート561が更新されています。

 2022/01/28  アップデート561が更新されています。【アップデート】から、更新を行なってください。

 
【アップデート内容】
1、離職証明書の改善
  基礎日数算出に関する改善
2、60歳到達時賃金月額証明書の改善
  離職証明書同様に基礎日数算出方法と賃金額AとBを賃金管理より取得機能の追加
3、休業開始時賃金月額証明書の改善
  離職証明書同様に基礎日数算出方法と賃金額AとBを賃金管理より取得機能の追加
4、賞与賃金管理データ作成の改善
  賃金管理データの作成状況が分かるように改善
5、一括申請の改善
  雇用保険転勤届(連記式と1人用)にて転勤届データを作成しなくても申請できるように改善
6、雇用保険関係の新用紙(押印廃止等)の対応
  転勤届と個人番号登録・変更届の新用紙に対応しました
7、年末調整基本データ作成の改善
  年末調整基本データ作成を実行する際に表示される画面に誤解を招く表現がありましたので改善を行ないました
8、その他不具合と要望の改善
  1)労災申請(第8号、第16号の6)のその他就業先の入力に関する改善
  2)銀行振込用全銀データ作成の改善
  3)給与計算(賞与計算)にて個人検索が機能しない場合の改善
  4)一括申請の不具合等の対応
    離職証明書にて短期特例者の場合にエラー返戻される場合の対応
    被扶養者異動届にて必須項目がセットされない場合の不具合対応
  5)社労法務イージアAPIにて一括申請データの送信を行った際にZIPファイルが存在しない場合の対応
  6)退職時の源泉徴収票交付にて代表者名の印刷に関する不具合対応
  7)テキストデータ入出力の賞与明細データ出力に関する不具合対応
  8)年末調整一覧表にて実行時エラーが発生する場合がある対応
  9)給与支払報告書(総括表)にて初めて処理する事業所の場合、提出日に平成12年が表示される不具合対応
  10)年末調整算入処理にて給与計算されていない人に算入を行った場合の対応
  11)年末調整の市区町村宛名ラベルにて全市区町村が表示されない場合の対応
  12)マイナンバーConnectにおける担当者権限の不具合対応

お客様の声 VOICE

  • {{data[title]

    手続き処理にかかる手間が省けました。

    【Esia-Zero】事務の効率化のため、導入を決めました。入力ミスもなくせて順調に業務も進んでいます。

  • {{data[title]

    ITリテラシーの高い顧問先のニーズに応え、かつ業務効率化を図ることができました。

    【Esia-Zero】顧問先のニーズに応え、業務効率化を図ることができ、作業工数の削減が出来ました。

  • {{data[title]

    クライアントの人事担当者や社員の方が直接アクセスし情報を入力できるので助かっています。

    【Esia-Zero】導入し電子申請が楽になっただけでなく、Esia-Zeroを使うことによって社労法務システムへの入力時間が圧倒的に短縮されました。

  • {{data[title]

    拠点や大人数にも対応していて、誰が使っても使いやすいシステムです。

    【社労法務システム】職員の意見もあり、ビジュアルの良さ、メニューや機能の豊富さが決めてで決定しました。

  • {{data[title]

    機能面とコスト面の魅力だけでなく、サポート面の充実や要望に応えようとする点を評価しています。

    【社労法務システム】機能面とコスト面の両面で大変魅力的であること、サポート面が充実していること、親切で丁寧な対応が、システム導入の決め手でした。

  • {{data[title]

    時間的に50%カットくらい業務が効率化しますね。

    【社労法務システム】システムを色々と比較した結果、日本シャルフのシステムが使いやすいと感じます。単純に紙と比較すると、時間的に50%カットくらい業務が効率化しますね。システムを改善することを真剣に考えており実直に努力していることが感じられますね。

  • {{data[title]

    日本シャルフのシステムが利用できる項目が最も多かったため、即決断で購入しました。

    【社労法務システム】日本シャルフのシステムが利用できる項目が最も多かったため、即決断で購入しました。先代の社長が社労士だったからこそ、使い勝手が考慮されたシステムが構築されています。